コンセプト

業務案内

閉店工事・原状復帰工事

お店をやめたい方、移転などの理由で現店舗を原状復帰したい方の解体工事のご案内です。

新規開業や改装工事のときは誰しも設計やデザインにこだわるでしょう。 では退店時はどうでしょうか? 当社では改装工事を請ける時古い内装設備の 再利用や解体撤去をも含めて一貫して承ることが少なくありません。 ごみを減らし、原状復帰工事や次の改装工事のコストを抑えることが出来るからです。
genjyou-a-3.jpg 移転などの場合解体専門業者では移設の為の解体ノウハウが無いので再使用できなくなってしまいます。家具備品などは持ち出すことが出来ますが、造り付けの物については全解体となり諦めざるを得ません。 しかし、当社の解体工事なら移築、移設が可能なのです。想い入れのある造作や、再使用したい家具などリフォームして再使用しましょう! また、貸しテナントを退店するとき店舗の施設について、賃貸契約のときに 「退店時の原状復帰は借主」といった様な約定がある場合は借主側の手配で 解体撤去工事をしスケルトン返却をしなければならないことが多いです。 当社では家主、借主両方の立場に立って解体工事が出来るので安心してご依頼いただけます。なお正規産廃処分処理認定業者を通じて廃材処分を行うので、ごみのトラブルで後々ご迷惑をお掛けすることはありません。