ブログ

蓬莱通信

白鯛工房 参上!

先日、今うわさの(滋賀県だけ?)白いたいやきのお店の内装工事をさせていただいた。店舗内の工事は間仕切、接客カウンター、設備少々の簡素な物で特筆しようとすれば、コスト面うんぬんの昨今とさほど変わらない文面になってしまうので、記事にはなり難いか?との懸念があったが、「たかがタイヤキされど鯛焼き」と思えるカルチャーショックと何かしら「職人魂」ぽいものを感じる案件となったので、御紹介する事とした。

IMG_46021.jpgオープンから3日、依然として列をなして買い求めに並ぶ人々。(客足が途絶えることなくやっと写真を撮れそうな時間が来たのが午後4時頃だった。)その後また客足が増え、とうとう閉店まで客が途絶えることなく、初日はなんと売切れ御免で、列を打ち切るほどだった。(恐るべし白鯛)

見た感じ普通のタイヤキが白いだけである。が、口へ運ぶとイメージは一変する。もはやタイヤキにあらず。全く別物(どちらかといえば餅に近い)なんともいえない心地よい食感。「はまる人はこりゃ癖になるわ。」が感想で、実際私も「大変美味しゅうございました」と敬語が出るほど絶賛している。

製造現場はまさに工芸品を製作する工房のような状態。先ずタイヤキの皮が餅のように弾力があり流し込んでも固まり難いため、とても繊細に型に流し込み行き渡らせている。あんが入っていないほうの皮をたこ焼きの錐みたいので、やさしく持ち上げ手で合体させる。その上に型鉄板を押し付けてくっつけるので、余分な皮がはみ出て焼きあがる。その後、焼き上げたものを後ろの台の上に持って行き、余分なはみ出しを丁寧にはさみで切り取り完成させている。「うーん、手間が掛かって愛情一杯なのね!」まさに職人魂なのだ。

IMG_4613.JPGちなみにタイトルは私が敬愛してやまない「黒〇工房」というクラフトマンシップ満載の専用釣種の道具しか作らない釣具メーカー(私も多数愛用)から、拝借したのだがこのタイヤキ造りの現場も、負けないくらい相当のこだわりを私に感じさせる事件となりました。ってやっぱり魚釣りネタでナゾかけてオチるのね?内容が鯛だけにねぇ。(笑)

工事の件で、もうひとつ特筆。今回は開業者(借主)ではなく、家主さんからの御依頼でした。最後に家主様から一言。「軒先貸して、母屋盗られる勢いやなぁ」皆さん、白いタイヤキ。今日も繁盛してはりまっせ。

「菓子ケーキ店」の関連記事はこちら