ブログ

蓬莱通信

門塀のある家 仕上げ編

IMG_4697.JPG P1002559.JPGのサムネール画像 IMG_4703.JPGいよいよ建具ですが、その前に雨が気になりだしたので、屋根をやります。建具にぶつからないように引き尻高さを決めて勝手口と玄関に庇がぶつからないような高さで尚且つ適当な勾配が着いているような高さとは?うーん、難しい・・・明るくしたいので、ポリカのエッチング透明を選びます。お洒落な柄つきの波板が数種類ホームセンターには在った。

IMG_4712.JPG扉のスライドレールはグレーしかなく、上から塗装しても剥がれそうな感じだったのでやむなくそのまま使う事に。出来てしまえば、余り気にならない?でもやっぱり気になる?今回唯一ホームセンターで、適当な物が見つからなかった塀の板金笠。唐草は置いてあるのにね。本職さんに頼んで曲げてもらいました。私の板金やさんとの打合せを横で聞いていたお施主様は専門用語の「カッパ」というせりふに「塀の上に何故、河童?!」という絵面しか浮かんでこなかったらしく、一抹の不安。なんていう後日笑談も在りましたが、満足していただける物になってきました。

一番最後に施錠方法が難しかった。地面の勾配との兼ね合いで鍵のつけ方に一番苦労しました。納まりのよい物がなかなか見つけられなくて、何度も、いつも取引している金物屋さんに頼もかな?という気持ちに負けそうになりながら、思いの物をホームセンターで探しまくりました。(一般的なものは沢山在るけど、この場合当てはまらない事が多いのかも)

なにはともあれ無事完成しました。有難うございました。  おわり

「一般住宅」の関連記事はこちら