ブログ

蓬莱通信

調剤薬局のカウンター工事 1

本業の家具工事の話であります。昨年末のブログ記事でも少しご紹介していたかと思いますが、いよいよ建築も佳境に入り家具の納期も迫ってきました。わが工場では既に家具は最終段階の仕上げに進み完成も真近ですが少し話を遡って見ようと思います。・・・

IMG_5367.JPG    IMG_5340.JPG

ホームページをみてご依頼くださったお施主様とやり取りしながら図面を起こし始めたのは昨夏くらいのことでした。当初は事務機器メーカーなどが扱っている既製のカウンターを用いてのプランで薬事関係の方からの紹介もありお話を進めておられましたが、思いのほか既製品というのは自分の使用したい間尺に合わない事が多く高値で、不便な面が多いことに気付かれ、当社のように1つ1つ別寸で家具などを製作する家具工場を探し当てられ、ご縁あって当社でお引き受けすることになりました。初めは別注という響きに(値段がすごく高い。どう説明すれば自分の欲しい物が作ってもらえるか解らない。)などのイメージに戸惑われながらのスタートとなりましたが、少しずつ思いの丈をお聞きし、丁寧に細かくお話させていただき、別注でもコストを安く出来た実例などを交えて説明しご理解頂けたお蔭で不安も消え、ご満足いただける品物が生み出せました。月末には据付工事予定なので次回は現場の状況や家具の細部について既製品との違いなどについてご紹介できればと思っています。

「医院 薬局」の関連記事はこちら