蓬莱通信

カフェ看板工事

dolkan-1.JPGカフェの改装工事を承りました。その中でも看板デザインについて少し書こうと思います。下の看板写真のロゴの中に犬のシルエットがありますが、当初お施主様の好きな飼い犬と同じ犬種のシルエットを試しました。写真から輪郭をトレースして塗りつぶすと、?・・・犬に見えない!で、遠目にも「ドッグカフェ」と解るように誰が見ても「犬」に見える形を探しまくっていました。で落ちついたのが写真のロゴです。今回作業(デザイン)してみて解ったことがあるのですが、リアルな写真よりデフォルメされたイラストをベースにしたほうが「それっぽく見える。」ってことでした。きっと、「犬」というものに対する人間のイメージで出来上がっているラインのほうがリアルな立体のアウトラインより伝わり易いという事でしょうか?デザインにとって写実も時には大事ですが、イメージを線または形に表わす、すなわちデザインする上でとても大切な行為について改めて力とか説得力を感じました。

 

dolkan-2.jpg今回もデザイン案やレイアウトについて様々提案しましたが、狭いファサードを如何に有効にアピールに使うか?に腐心しました。扉をロゴベースに使う案、道の向かい側から見たとき上のほうが目立つのでは?等々。結果的に上の写真のように少し控えめでシックな感じに納まりました。が縦トユの邪魔を克服して持ち出し看板にした正方形のロゴが遠くから良く目立っています。右の写真は一番派手な?案の合成写真です。

 

施工例に関連の内装工事の記事も紹介したいと思います。また弊社では看板工事のみでも承っております。是非お問い合わせください。

「カフェ喫茶店」の関連記事はこちら