施工事例

オーダー家具

スタジオのディスプレイ書棚

スタジオのディスプレイ書棚1
京都市上京区

DATA
別注家具製作
ホームページからの受注

ラーニングスタジオのディスプレイ書棚の製作を承りました。メインフロアのスペース仕切りを兼ねているので天井まで高さのある家具が必要でしたが皆壁状態に作ってしまうと圧迫感と閉鎖感でフロアの見通しが悪く狭く感じてしまうのでそれを避ける工夫を施しています。応接ラウンジとミーティングルームが家具で仕切られていますが上部を筒抜けに、棚を硝子にすることで暗い場所、見えない場所を減らしています。
スタジオのディスプレイ書棚2 置物や書籍を飾りとしてディスプレイすることで視線をそこで止め、それ以上奥へ配ることなく遮っているので間仕切りの役目を果たせています。今回は家具としての機能は主にラウンジ側を表としミーティング側は上部しか共用できませんが、家具寸法をユニット化しているので、配置換えにも対応できるよう、個々を全面化粧で仕上げました。組み換え可能です。
スタジオのディスプレイ書棚3 家具の姿はこんな感じです。最上部はちょうど梁下がり囲いに干渉してしまうので支輪を施しましたが、当初の木目化粧での予定を壁と共色(白クロス)仕上げに変更し更に圧迫感を除いています。また、耐震(家具転倒防止)にも役立っています。
スタジオのディスプレイ書棚4 オープン間近の棚のディスプレイの様子。 書籍を上手く利用し飾ることで、立ち上がると向こうの様子が伺えますが、座ると目隠しになり、相互の空間のプライベートを守りつつ、明るい雰囲気を損ねないよう工夫されています。

この施設では他に、受付カウンターブースカウンター席を施工させて戴きました。

「施設 事務所」の関連記事はこちら