施工事例

オーダー家具

眼鏡コンタクトレンズ展示棚

眼鏡コンタクトレンズ展示棚1
大津市

DATA
ホームページからの受注

眼科医院様がプロデュースする眼鏡店の物販棚の製作を承りました。眼科医院の複合施設新築物件の店舗部分の家具にあたります。設計図は新築図面の計画から基本を戴き、具体的な機能等を肉付けする形で進めていきました。 背面を硝子貼り、LEDの照明器具、硝子棚などで小さな商品を見やすくするための明るさの確保と対比して、家具は重厚なダークトーンで仕上げ高級感の演出に努めました。
眼鏡コンタクトレンズ展示棚2 入り口より店内を臨む 店舗面積は狭いですが、明るくすることと収納量や陳列量を確保しつつタイトな家具にすることで、カウンセリングなどのスペースを圧迫しないよう配慮しています。開業までに既製家具や備品が追加されますが、色調を合わせるか、白をコンバートする予定だそうで、お客様の空間への意識の高さが伺えます。
眼鏡コンタクトレンズ展示棚3 バックヤードより店内を臨む 入り口の更に前の部分が眼科の待合や受付のスペースになっています。家具の雰囲気も施設全体に沿ったデザインに上手く揃えることが出来ました。
眼鏡コンタクトレンズ展示棚4 家具のストックスペース 引き出しを開いたまま使用すればここもまたディスプレイに使用できるようお施主様の要望に応えて3段引きスライドレールで、引き残し0のフルオープン引き出しを採用しました。開き加減を自在に調節してひな壇形式に留めることが可能です。

「衣料品 物販店」の関連記事はこちら